主婦の期間のブランクを悲観的に捉えない様にしましょう

PR

結婚や出産をした主婦の方にとって、再就職を考えた際に社会から離れていたブランク期間は何もしていない期間だったんじゃないかと悲観的に捉える方も多いかもしれません。


しかしそんな悲観的に捉える事は有りません。


専業主婦の方が家庭にいて社会から離れていた期間は決して何もしていない期間では有りません。


家庭を守り、子育てをし、と言う様に有意義な期間だったと思うのです。

もしも掃除が苦手だったとしたら掃除が出来る様になったとか、料理が出来なかったのが色々出来る様になったとか、家計簿を付けて家計をきちんと回せる様になったとか、色んな経験をしているはずです。


再就職をする際、つい再就職に有利な資格を取得しようと思いがちですが、有利な資格を取得しなくても充分な経験を専業主婦の期間に積んでいると思います。


また家事に対して自分なりのこだわりも有る事でしょう。


こうした専業主婦と言う貴重な期間に培った経験や技術を再就職の時に最大限にアピールしてみると言うのはいかがでしょうか。


男性が決してアピールする事が出来ない部分でも有りますので、きっと強みになると思うのです。


もちろんそれだけでは自分が就きたい再就職先には就けないかもしれません。


その場合はその再就職先に有利な資格を最低限身に付けていれば良いと思うのです。


専業主婦の期間でしか気が付けなかった技術や経験を活かし、更にプラスして資格も取得して再就職に有利になる様にしていきましょう。


PR

コメントは受け付けていません。