ITパスポート

PR

現在働いている仕事の底上げに役立つ資格としても、再就職、転職などを考えている人にも役立つ資格が「ITパスポート」です。


ITの技術は、いまやどの職種にも欠かせない技術です。


そのITの技術の基礎を身につける資格で、国家資格となっています。


パソコンの操作、データ処理だけではなく、その先の情報技術を向上する上でも役立つ資格です。


以前あった「シスアド」という資格の代わりに平成21年に創設された資格です。


ITパスポートの試験は、四肢択一の100問、試験の時間は165分となっています。


合格率は50%くらいで、やや難しい資格です。


1ヶ月から3ヶ月しっかりとテキストを勉強すれば合格できると思います。


以前の「初級シスアド」の資格を持っている人は受験の必要はありません。


ITパスポートの資格を持つことで、情報機器の把握、システムの把握、業務上の問題を把握して解決、業務分析、システム化の支援などの業務が行えます。


幅広い職種に対応する資格で、既に社会人の人にもこれから社会へ出る学生にも、再就職を目指す人にもおすすめの資格です。


この資格では、WORD、EXCELといったツールが使えるだけではなく、コンピューター自体への知識、技術、さらに経営の知識、情報管理などを身につけてITを活用するために役立つ情報、能力を身につけていきます。


国家資格取得者となり、身につけたスキルを証明できます。


いろいろな業種から注目を集めている人気の資格です。


PR

コメントは受け付けていません。