情報ビジネスとモラル

PR

ネットビジネスで情報教材を販売する方は多いようです。



インターネットで販売がほとんどですが、やはり自宅から販売できるのが大きな利点となります。



ダウンロード販売だとほぼ販売コストもかからず、売れれば売れるほど利益が拡大します。



しかし、なかなか売れる教材を販売するのは難しいと思います。



自分の知識や経験、専門的なスキルを販売する人やノウハウ本、なかには胡散臭い物もあったりします。



自分で教材を作成して利益を得る方法のほかに、他者の教材を仕入れ販売するパターンもあるようです。



インターネットの世界は情報があふれるほどあります。



中には正しい情報もあれば、間違った情報も多々あります。



もちろん教材販売、情報商材もしかりです。



全てが嘘とは言いませんが、疑ってかかっても損はないと感じます。



PCの普及、携帯端末の普及によって、情報化社会はさらなる拡大をしています。



溢れている分正しい情報を判断する「目」も養わなくてはなりません。



買う側にはその目は求められますが、売る側にはモラルが求められます。



不特定多数を相手にすることが多くなったネットビジネスでは、昔以上に人格が求められるのではないでしょうか?



販売者は今一度自分を見つめなおす必要があるでしょう。



PR

コメントは受け付けていません。