建築士の資格

猿でもできる様になる不動産投資【不動産コンシェルジュ】

建築士の資格は1級、2級、木造の3種類です。

もちろん、1級が一番難関です。

ただ、建築事務所であれば1級建築士がいなければなりませんから、男性では人気の資格と言われています。

建築士は男性だけではなく、女性が持っている場合もあります。

建築現場では男性が圧倒的に多いですから、建築士の資格も男性に人気なのです。

これから建築関係の仕事をしたいと考えているなら、在学中に1級建築士の資格を取得することをおすすめします。

ただ、資格を取るための学科の条件などがあります。

まずはインターネットで受験条件を調べてみましょう。

1級建築士がいれば、建築事務所を開くことができますが、建築事務所を運営することは資格とは関係ないセンスが必要です。

住宅のデザインです。

もちろん、営業も行わなければなりません。

資格が有効なのは国家資格など、仕事をするために必須となっている条件をクリアすることだけです。

お客様との関係をよくして、売り上げを伸ばすためにはたくさんのことをしなければなりません。

新しく開業した人は毎日が無我夢中で頑張っていることでしょう。

そこには資格の役割はほとんどありません。

建築事務所は一人で運営することはできませんから、社員の協力を得ることが大切です。

ただ、建築のことを知らない社員では役に立ちません。

そのため、2級建築士の資格を持った男性を雇用することが一般的です。

専門的な言葉をすでに理解しているからです。

資格を持っているかどうかをチェックするだけでわかります。

無料の不動産投資のご相談なら【不動産の窓口】

頭金ゼロ初心者でも取り組めるやさしい不動産投資

コメントは受け付けていません。