K塾23期 12月27日(木)24時までの期間限定

役立つ資格

猿でもできる様になる不動産投資【不動産コンシェルジュ】

就職、再就職、転職を考える上で、「資格」を持つことはとても大切なことです。

資格があればその分、仕事を選ぶ幅が広がるのです。

「資格」には、30以上のジャンルがあり、資格の数は国家資格だけで1200種類以上、民間資格も数えるとその数は3000種類以上になるそうです。

この中で、就職、再就職、転職のために資格を取得するのであれば、自分が目指す職種、企業の業務内容に合っているものが一番役立つ資格と言えるでしょう。

資格自体が役立つこともありますが、資格取得のために努力したこと、自己啓発に積極的であることなどが面接の際に評価されることになります。

たくさんある資格の中から取得するものを選ぶ上で大切なこと、それは自分に必要な資格であること。

これからの自分がどうなりたいのか、どういった仕事をしていきたいのかよく考えた上で、その仕事に役立つ資格を取得しなければいけません。

資格には、「国家資格」、「公的資格」、「民間資格」があります。

「国家資格」→国、または国からの委託を受ける機関が行う資格。

法律に基づき行われるもので難しい資格が多い。

難しい資格が多いのですが、その分有資格者には国から地位、職業保障を受けていることになるので、社会的に信用度の高いものとなっています。

「公的資格」→国家資格、民間資格の中間的な資格。

公益法人、民間団体などが行う資格で、関係省庁によって認定されるものです。

国家資格に準じているため、能力を高く評価されて再就職にも有利となる資格。

「民間資格」→民間の団体や企業が、独自の基準によって認定している資格。

直接仕事に結びつくもの、国家資格と同等に高い知識を必要として世間から広く認知されているものもあります。

しかし法律によって制度が確定した資格ではないため、認知度や評価の低い資格もたくさんあります。

無料の不動産投資のご相談なら【不動産の窓口】

頭金ゼロ初心者でも取り組めるやさしい不動産投資

コメントは受け付けていません。