介護関連資格

頭金ゼロ初心者でも取り組めるやさしい不動産投資

高齢者社会の中で、再就職先として雇用の多い仕事が介護関連の仕事です。

ニーズが多いため、資格を持てばほぼ100%就職できるため、再就職先に困ることはないと思います。

高齢者社会において、今後さらに広がりを見せる職種で、衰退する要因は考えられないため、必ず役立つ資格になると思います。

介護関連の資格には以下のものがあります。

・「ホームヘルパー」。

ホームヘルパーの仕事をする上で持っていると役立つ資格です。

3級から1級まであります。

手短に取得できる資格です。

取得することで、日常生活に支障のある高齢者の介護、援助を行うことができます。

入浴、食事、排泄のお世話から、掃除、洗濯、買い物などの援助まで行います。

取得方法は、国が認定している自治体、講習事業者が行う講習を受講して終了することです。

・「介護福祉士」。

体の障害、精神的な障害のある人の介護を行ったり、介護者への指導ができたりします。

専門的知識を必要とします。

取得方法は、厚生労働大臣指定の養成施設で高卒ならば2年以上、大学・短大卒業ならば1年以上修業すれば取得できます。

また3年以上介護業務の実務経験があると受験資格がもらえて、試験に合格することで取得できます。

・「社会福祉士」。

体の障害、精神的な障害のある人の福祉に関して助言、指導を行ったり、相談に乗ったりします。

取得方法は、大学で厚生労働大臣指定の科目を修業すると受験資格が与えられて試験に合格することで取得できます。

指定施設で相談援助業務を4年以上行い、さらに社会福祉士の一般養成施設にて1年以上修業すると受験資格が与えられて試験に合格することで取得できます。

無料の不動産投資のご相談なら【不動産の窓口】

コメントは受け付けていません。