宅地建物取引主任者

頭金ゼロ初心者でも取り組めるやさしい不動産投資

持っていて損はない、持っていたらよかったと役立つ資格として有力なのが「宅地建物取引主任者」です。

この資格を求人条件に掲げているものもたくさんあるので、再就職の幅がかなり広くなると思います。

毎年20万人もの人が受験している人気の国家資格です。

再就職に役立つ資格を何かとってみようと考えるとき、まずはこの「宅地建物取引主任者」の資格を考える人が多くいます。

宅地建物取引主任者の資格があれば、不動産業界に再就職したとき、一般消費者に対して売買契約、賃貸契約に関する重要事項の交付、説明ができます。

悪質な業者によって消費者が不当な不動産取引をさせられないように作られた資格で、事務所の人員5人に対して1人は必ず有資格者を配置するように法律で定められているので、求人の募集も多いのです。

また行政書士や司法書士、弁護士などを目指す人が取得する資格でもあります。

他の資格をとるときにも。

この宅地建物取引主任者が役立つのです。

宅地建物取引主任者として「主任者証」の交付をしてもらうためには、試験に合格することなおかつ実務経験が2年以上必要となります。

実務経験がない場合でも、スクールなどで決められた実務講習を修了すれば、実務経験があると判断してもらうことができます。

不動産業界への再就職を考えている人は、同時に「マンション管理士」や「管理業務主任者」の資格を取るといいと思います
宅地建物取引主任者の試験内容と類似しているため、一緒に勉強しやすいですし、仕事の幅も広がると思います。

無料の不動産投資のご相談なら【不動産の窓口】

コメントは受け付けていません。