ユリオのこだわり必須知識

PR

ユリオ 今日も元気だたばこがうまい

ユリオ すごいところへ、来てしまった


こちらは下げている『ヴィクトルと勇利の指輪について』の補足になります

勇利くんが冷遇されたり、二人から指輪が消えたりと胸を痛めていた頃気が重くなりながらも(これ同ルートやん・・・と当時は思って)書いたものです雪の結晶の設定などが未公開時に書いたので内容が若干合わず分裂させました
他アニメの公式CPのお話ですが当時は大変人気もあったにもかかわらずCP的にのみみると二期でバッドエンドを迎えたと言える二人です

不器用な彼から別れ際に無言のプロポーズ指輪をはめてキスして抱き合う。王道といえるラブシーンどのジャンルでも愛し合う二人というのはいいものですね
ファーストシーズンで結ばれた二人だったのですがセカンドシーズン序盤で離ればなれになることに。ちなみに全50話あります40話以上毎週胃をギリギリさせながら見守るファン達。

勇利と違って彼が贈るのはペアリングではありませんでした
心を殺してヴィクトルと離れる決意をしつつもあえてペアリングを選んだ勇利。一時的にヴィクトルを自分の物にした、という気持ちだけならばヴィクトルへの指輪一つでじゅうぶんだった筈です。指輪二つ分の金額なら更にグレードの高い物を贈ることもできたかもしれません。互いの指先から感じる確かな繋がりを求めたからこそのペアリングだったのでしょう。ただのお守りを贈るだけ、という表情には見えませんでした
彼がペアリングを贈らなかったのは真っ赤なルビーの指輪を独占欲の象徴として自分がいない間に周囲に見せ付けたかったという他にファーストシーズンで彼女から首飾りをもらっていたからかもしれません

ただ、こちらの首飾りは常に身につけ輝きと存在を放ち彼と彼女を繋ぐ重要なアイテムだったにもかかわらずセカンドシーズン本編では一度も登場することはありませんでした服の下にみにつけているのでは?という考察もあったようですが恒例のシャワーシーンやターニングポイントとなる怪我のシーンでも見られませんでした
常に好意を寄せる女性達が彼を取り巻いて(実際は何もなかったとはいえ)別の女性から迫られたり一夜を共にしたりとCPには地獄絵図のような展開にも彼の生真面目さゆえにファンは静かに見守っているようにみえました(のちに稀にみる大炎上をむかえることになるのですがね)

しだいに彼女の指先がビジュアルでは意図的に隠されたりと不穏な気配は漂ってはいましたがアニメ作中ではキラキラと存在を放ちラスト困難を乗り越えての大団円を更に期待させたのかもしれませんわたしはどちらかといえばお花畑のライト層でしたからすぐに円盤も売り炎上と火消しの様子を他人事で見ていられましたがあれをわたし達のヴィク勇でやられるなんて・・・想像しただけで恐ろしいです円盤の予約特典での彼女の不自然に左手の指輪が隠れたポーズ。
既視感がありますか・・・・・・・・・・・・これですか

勇利のみ指輪が描かれヴィクトルの指は見えないポーズになっていますねこれはなんの意図もなくこういったポーズになったのでしょうか設定画でも指輪について指示が見られたりと重要なアイテムであったことは明らかなのですが「たまたま見えない」構図にする必要が何故あったのか気になるのは自然なことではないでしょうか
部活のお守りという程度のライトなアイテムならばあるべき時に描かない勇利のみ描くなどという不自然な演出は起こりにくい気がしますそして件の二人のように劇場版で新しいキャラクターやユリオなどに関心がむきヴィクトルの心が勇利から離れていくいくことを示唆しているとならばこれまで描かれ私たちの心を掴んだ全ての物語もなかったことになるでしょう
少なくとも私自身の心を掴んだ二人はもうどこにもいなくなります
表情すら見えない手と手が触れるだけそれだけで互いがどれだけ相手が大切かがわかってしまうようなヴィクトルと勇利。
愛するが故に離れる、生きていればそういう選択肢をする人生もありますですが、英雄は青春の一番輝かしい時を華やかに過ごし世界中から愛され続けても真の愛も幸せもえられなかったことに気づいてしまっています。一度掴んだ幸せとその手を離す恐ろしさを知り自ら共にいる事を選んだヴィクトルが勇利の手を離すことがあるでしょうか私はヴィクトルがそれほど愚かな人間だとは思えません。

ーーー放送終了後から様々な思惑によって(噂はあくまでも噂ですのであえて書きませんが)ヴィクトルと勇利の指輪の在り方は左右されているようにはみえますわざわざ海外で雪の結晶の資料まで公開しているのをみると二人の関係性にひびをいれようとしている、ということには思えません師弟によるジャンルの盛り上がりは保ちつつも、他キャラクターに視聴者の関心を移行していきたいという思惑は見え隠れしてしまってはいますが
放送終了から数年経ったような落ち着きさえみせつつある現状をみると逆効果になっているとみる方が現実的ではあるかなとわたしは思いますよく人気が下降したアニメに対してファンのにわかが原因であるといわれますが北米版、とくにヴィクトルと勇利がビジュアルに使用された限定版がとぶように売れたことをみてもファンの気持ちが移ろったことはないと言えるでしょう
ただ、吐き出すことが出来ない微妙な気持ちを抱えている者は多くいたという結果ではあると示したとは思いますそもそも、公式に物申すこと禁ず、の考え方の人からすればアナウンスもされていない版権元も違う北米版を買うことは冒涜、裏切りとさえ考えられることではないかと思うからです
****

ヴィクトルの誕生日前にごめんね!!!!!ごめんね!!!!!愛してるよー!!!!!
そして「彼」もほんとはいい男なんですよ!でも、『俺はバカだから』が公式のちょっと残念なイケメンなんです彼と彼女のお兄さんがベタベタの幼なじみだったり彼女と兄嫁がちょっと百合っぽかったりお兄さんが闇抱えてたり、なかなかいろいろキャラクターに深入りしなければ面白い作品なんで良かったらお正月にみてみてください
ログイン出来なくて消えたりしたのでちょっと抜けたりしてるかも・・・気が向いたら直します・・・ヴィク誕の用意しないとならんのに忙しいー!!!!!そして、しまむら3件ヴィク勇撃沈です入荷少ないよー!

PR

コメントは受け付けていません。