ユリオ最後のチャンスを手に入れよう

頭金ゼロ初心者でも取り組めるやさしい不動産投資

どうする?ユリオ!

ユリオ モンスーンが夏のビジネスを救う。

事の始まりは、1月後半にあゆみさんから届いたスパコミに参戦するという、一通のラインだった。有難いことに、サークルカットを描くという形でちょっぴり関わらせて頂けてあの時はまだまだ先だと思っていた5月4日が、ついに来た!! 当日、朝早く家を出て、まずは新木場を目指す電車内は某ネズミーランドへ向かう家族連れが目立って、あちこちにドレスを着た可愛らしい小さなプリンセス達が♡しかし、新木場からりんかい線のホームに降り立つと、景色は一変した。 そこにはキャリーケースを持った、腐女子と言う名の同士の姿が。国際展示場駅に到着し、扉が開いた瞬間、ほんっとうに綺麗に、みんな同時に『ザッ』と立ち上がったのを見て、私の脳内には 出陣 の2文字が浮かぶ。戦だ。戦が始まるんだ! 改札で無事にはゆるさんと合流し、会場へ向かう  快晴強い海風をものともしない同士たち。 はゆるさんとまったりおしゃべりしながら、10時開場を待つ。その間に、まぁ~~~~~~とんでもなくハイクオリティーなコスプレイヤーさん達がぞくぞくと通り過ぎはゆるさんと二人できゃあきゃあしておりました。安室さんと赤井さんのコス多かったな。もう、なんであんなにみなさん美しいのか。 おしゃべりしてたらあっという間に10時に!10時になると同時に、拍手が沸き起こって感動しました。ついに戦いの火蓋が切って落とされた! ここにいるのは同士でありながら、ライバルでもある。数に限りのある商品たちを、効率よくゲットするべくみんなパンフレットと言う名の地図を片手にお目当ての場所へわき目もふらずに突き進む。 私たちは、まずは沙絵子さんのブースへGO相変わらず可愛くて綺麗でカッコイイさえこさんが出迎えてくださった♡ノベルティーがとんでもなく豪華! ゆっくりお話ししたいけど、私の後ろにも並んでいる方がいらっしゃったので「また後で!」と、とりあえず本をゲットして、あゆみさん&ともぴーさんのブースへ! 相変わらずの美人コンビ、商品の陳列とも相まって、遠くからでもすぐに気づけたよ♡ここでもお目当てのボールペンと沖田ザべスを無事にゲット  凄くないですか? このクオリティー結構、ブースの前で足を止めている方いらっしゃいました。ですよね、凄いでしょう? 二人の作品って、私まで得意気な顔になる知り合いが活躍するって嬉しいね銀さんのB地区にも触れてきましたよ ひとまず沙絵子さんの本と御用達やのグッズをゲットできたので今度は会場の正反対にあるユーリブースへ走る!人気のサークルなので、ヒヤヒヤしましたがとりあえずここでも無事にゲットできて一安心。 はゆるさんと二人でホッとして、そこで初めて、まわりにたくさんヴィクトルがいることに気付く良く見たら、ユリオコスの方もちらほら、クリスの後ろ姿見つけた時は、ちょっと昂った(笑) そこで何度かすれ違った、赤いジャージのユリオとスーツ姿のヴィクトルコスのお二方が本当に完璧で私、多分目がハートになっていたと思う。後ろ姿にキュンキュンでした その後、ラブさんとも無事に合流出来で、3人で会場をウロウロらぶさんとはゆるさんが、先生方へ差し入れをお渡しするのを後ろから見守っておりました感極まるはゆるさん可愛かったこうして直接「好きです」って伝えられる場所、良いなぁ♡読者さんも創作者さんも、お互い励みになるよね 会場内はわちゃわちゃ文化祭のようなムードが漂って本当に楽しかったですそうこうしているうちに、sesanからさえこさんの本が完売したという情報が!やっぱり凄いな~~~!!完売したなら、手の空いた沙絵子さんと少しお話しできるかな?と再び沙絵子さんのブースへ。ここでも、高杉のB地区触ってきました触り方エロいってラブさんに突っ込まれた(笑) 本の内容については、まだお手元に届いていない方多数だと思うので控えますがさえこさんが漫画を描く前から一枚絵の中に感じていた、空気、物語。それが本当にブレないなっていう感じがしました。根底にある、うっすらとした死の匂い。身体的な痛みとはまた違った、失くしちゃいけない、忘れたくない痛み。 さえこさんの描く銀さんと高杉は陰と陽でいて、合わせ鏡の様でもあって裏と表かと思ったら、メビウスの輪のように実は同じ場所に立っていたの? っていうような。 どれだけ時が過ぎてお互い年をとっても変わらない何かを確かめ合っているような。『刹那』と『泡沫』だから多分、目が離せなくなるんだと思う。でも、幻と違って、カゲロウみたいなものじゃなくすぐに消えてなくなってしまうけど、でも「確かに間違いなくそこにあった」という感じがします。 一コマ一コマも美しいんだけどちょっと引いて一ページ全体で見ても美しい。文字の色とか、台詞の置き場とかも含めて漫画って作品なんだなって改めて思いました。 あくまで私の感想です沙絵子さんの意図するところとは違うかもしれないし読む方によって見方は何通りもあると思うので「雪華は、こう思いましたとさ」程度に流してくださいorz そんな感じのスパコミでした♡長くなったので、はゆるさんとらぶさんとの腐女子会レポは次の記事へ続きます  本日もDoors scene:68 更新しております

無料の不動産投資のご相談なら【不動産の窓口】

コメントは受け付けていません。